本文へスキップ

今回は生命保険 比較ポイントを3つに分けて紹介してみたいと思います。

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

生命保険 比較の為のポイント

生命保険にはすでに加入している。という方が多いのではないでしょうか。皆さんはどのような理由で現在の保険加入を決められましたか。今回は生命保険 比較のポイントを3つに分けて紹介してみたいと思います。

まず、生命保険は何のために加入されますか。万が一の時のため?入院したときのため?老後貯蓄のため?など加入する目的は様々だとは思います。目的をしっかり決めたうえで(もしくは知り合いの代理店やFPなどに相談)今から紹介する内容について考えていく必要があります。

また、生命保険には終身保険と定期保険の2種類があります。どちらにもメリットデメリットがあり、終身保険はその名の通り、他界するまでが保険期間となります。対して、定期保険は契約時に決めた期間のみ保険契約が有効という保険です。これだけ聞くと終身保険のほうが良く聞こえると思いますが、定期保険は期間が決まっている分保険料が安くなることが多いです(同じ保険金額の場合)。そのため、万が一の費用でも葬儀費用や遺品整理など必ず必要な金額を終身保険で、子育て期間中や住宅ローンなどの分を定期保険でなど、使い分けが必要となってきます。また、生命保険 比較では保険料だけではなく、保険料の支払いについてのいつまでも検討する必要があります(短期払い・60歳まで・終身払いなど)。

最後にどのくらいの金額が必要なのかです。当然人それぞれ違いますので、考え方の一つとしてとらえて頂ければと思います。世帯状況と出費の状況が重要だと考えています。世帯状況は、誰が収入を得て何人を賄っているのか、何人が学校に通っておりあと何年間学校に行くと想定されるのかなどを考慮するために必要な情報です。出費は収入と近い意味ではありますが、実際にかかっている費用はもし収入を得ている人がなくなってもかかる費用である場合が多いです。月ベースで考えていくと実感がわきやすいと思いますので、ぜひ参考にしてみましょう。

information新着情報

2016年12月01日
ホームページを更新しました。